姑の介護 状況

(おギボさまの事でfacebookに書いたものを、名前・場所など編集してブログにも載せることにしました。
ちょっと前の話ですが、我が家の介護状況です。)


おギボさまが入院して、二カ月半経ちました。

一カ月くらいで検査が終わり、昨年と今年の脳MRIで認知症が進んだ事がわかり、鬱は認知症から来るものなので、『今後どう介護するかを考える時期に来ています』と言う診断が出ました。

そこから、おやつパパとお義姉さんと医師、ケースワーカー、ケアマネージャーと、みんなで話し合いました。

選択肢は三つ。
①在宅介護 ②認知症専門の病院に転院 ③介護施設へ入所

本来なら、嫁であるおやつママが在宅で面倒を見るべきなんだと思います。
お義姉さんも「家をもらっているんだから面倒見るべき」と思っているはず。

でも、入院前に要介護1だったおギボさまは入院中に介護度の見直し申請をお願いしたところ、要介護4になっていました。
そのため、医師からは「24時間の見守りが必要」と言われ、おやつママにはどうしても、まだ24時間をおギボさまのためにささげる覚悟ができませんでした。

デイサービスやヘルパーをうまく組み合わせてやればなんとかなるのではないか、とも思ったのですが、二世帯住宅でも同じ屋根の下だと、介護保険のホームヘルパーは頼めないんだそう。
「敷地内別宅なら頼めたのですが」と言われました。
食事を食べさせたりお風呂に入れたりの、直接おギボさまにかかわる事はしてもらえるけど、掃除、洗濯、その他の家の事は「お嫁さんができるでしょ」と言う事らしいです。

それに、入院前の『デイサービス、いやいや』がどうしても頭から離れなくて、また、嫌がるのを無理やり連れて行かなくちゃいけないのか、と言う拒否反応もありました。

と言う事で、「子供がせめて全員義務教育が終わるまでは、おやつママ一人で面倒を見るのは絶対無理」と主張。
幸い、医師やケアマネージャーは「実際に介護する人の意見を尊重すべき」と言ってくださったので、在宅介護は見送りになりました。

(続く)

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
楽天市場
おすすめサイト
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
登録してます


サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

マクロミルへ登録

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
アフィリエイトサイト