スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おギボさま、入院

おギボさま、月曜日から長期入院となりました。
鬱の治療と認知症との関係を検査するためです。

入院当日は10時の予約だったので、9時45分頃着き、いつもの外来の先生の診察。
そのあと、入院手続きをし、長ーい、長ーい面談を受け、12時頃、ようやく病室へ。
4人部屋でした。

おギボさま、すでに
「もう帰りたい。」
と...(笑)

「こんなところ(大学病院)で診てもらったばっかりに、入院するはめになって、馬鹿見た。」
とも。
あんなに入院したがってたのになぁ。

任意入院なので退院したがったらさせてくれるんだろうけど、せめて検査期間だけでも入院するよう説得。

そのうちごはんが運ばれて来たので、おギボさまが食事をしている横で、今度は看護師さんと長ーい面談。
主に私が家での様子を細かく話しました。
おギボさま、わかんないとしか言わないからね。

着替えさせたりトイレの説明したりしてるうちに1時半になっちゃって、さすがにおなかすいたので帰って来ました。
通常の面会は午後で、お義姉さんが来る予定。

で、帰って来て、ごはん食べて、やらなくちゃいけない事をいくつかこなして一息ついてたら、病院から電話(@_@;)

「お財布が無くなったと言ってるんですが。」

...持って行ってないですよ。
一緒に確認したのにな。
「使わないし、何か買いたいときは一緒に行こうね。」
って言ったのにな。

ドラマとかでも入院したおばあさんがボケてて
「財布を盗まれた」
と騒ぐシーンをよく見ていたので、典型的なばあさんだなと思ったら、ちょっとおかしかった。

そして、今日も洗濯物を持って面会に行って来たんですが、顔色は若干いい感じ。
いつもの暗ーい顔は無く、ぼーっとした様子はあるものの、笑顔もちょっと出てリラックスできてるようでした。
でも
「家が一番。早く帰りたい。」
と言っていました。

とにかく何もない病室で、
テレビもイヤホンで見なくちゃいけないと言ったら煩わしいから借りなくていいと言うし、
本を読むにも小さい字は見る気にもならないらしいし、
次に行く時はぬり絵でも持って行ってあげようかなと思ってます。

まずは早く慣れて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


高齢者介護 ブログランキングへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
楽天市場
おすすめサイト
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
登録してます


サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

マクロミルへ登録

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
アフィリエイトサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。