スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見守ること

今月配られた小学校の学校通信に、校長先生からのこんなお話が載っていました。
ちょっと長いですが、読んでみてください。

先日、社会教育委員の集まりに出席しました。
ある委員さんがご自身の子供時代を振り返ってお話しになりました。


『ある日、同級生のいつもやんちゃな男の子たちが、うちの畑を荒らして大きな問題になったのです。
しかし父は一つも怒らなかった。
その子たちは大きくなると、恩返しをしたいとうちのアパートに越してきた。
父は「我慢、我慢、我慢が大切だ。我慢してやれば必ず人はよくなるものだよ」と口癖のように私に言っていました。
私はそれを支えにPTA活動にも取り組んできたのです。
最近はひどい事件が起こります。
どうして今はみんなすぐに切れてしまうのでしょう・・・本当に悲しくなります。』

と涙を流されました。

子供に力をつけるのが学校です。
「思考力」「表現力」「判断力」「コミュニケーション力」
これらはたくましく未来を切り拓いて生きていくのに大切な力です。
しかし、この話は、それと同じくらい「許すちから」「我慢するちから」が大切だと言う事、そして大人が手本を示すことが大切だと言う事をあらためて気付かせてくれたような気がします。
 社会の一員として、どのような力を身に付ければ、自分も含めたみんなが生きやすいのか、これからも機会を捉えて指導していきます。


子育てもそうだし、介護もそうだな、って感じます。
危ない事はしからなくちゃいけないけど、いたずらには我慢だね。
ショーケースに入っちゃうようないたずらは我慢できないけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

今日のおまけ記事 ↓

長女が思春期真っ最中。
心が急速に成長している時期で、自分でもどうしていいかわからずもがいているのがわかって、なんとかしてあげたいけどどうにもできなくて、本当にもどかしい。
自分にもそういう時はあったけど、まわりの声は耳に入らないって言うのがわかるから、今は黙って見守るしかないのです。

毎年観ているエステー『赤毛のアン』。
いつもマシュウが死んでしまうところで泣いていたけど、今年はマリラがアンに歌うところで号泣でした。


私が見たいのは、アン
お前の笑顔
私が聞きたいのは、アン
お前の笑い声

お前を苦しめるもの
お前を悲しませるもの
お前を泣かせるもの
お前を怯えさせるもの

一つ残らず、集めて、集めて、
暖炉にくべて燃やしてやりたい

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
楽天市場
おすすめサイト
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
登録してます


サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

マクロミルへ登録

あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
アフィリエイトサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。